ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapanesePortugueseRussianSpanish

ガラケーからスマホへの電話帳のバックアップ方法。microSDに保存は出来ない!?

KYF37

万が一に備えて、もしくは機種交換をするからと、電話帳のデータをバックアップしておきたいですよね?

スマホですと、googleのアカウントに紐付けでオンライン上に保存出来たりとありますが、ガラホであるKYF37/KYF39では出来ないです。

 

昔のガラケーの時は、

  1. 電話帳を開く
  2. メニューを 開く
  3. SDカードに保存を選ぶ
  4. 保存する連絡先を選ぶ

と言う様な手順で電話帳のバックアップが可能でした。

 

そのつもりで電話帳を開いて、メニューを開くと…

SDカードに保存がない!!

ええ!?

どうするの??

スポンサーリンク
スポンサーリンク

KYF37/KYF39には『〇〇に保存』が無い!?

電話帳の“バックアップ”なんだから何かに、どこかに保存をしたいですよね?

ですが、電話帳のメニューを開いても『保存』という項目がありません…

出てくるメニューは、

  1. 新規登録
  2. 編集
  3. 削除
  4. 送信
  5. 表示設定
  6. 登録件数表示
  7. グループ設定

の7つです。

この中で怪しいのは、

「送信」

ですね。

ですので、「送信」を選びます。

そうすると・・・

はい!出ました!!

これで電話帳のデータを取り出せそうですね!!

 

今回は、他の端末に電話帳を移すのではなく、万が一に備えて電話帳のデータをバックアップすることを目的としています。

本当はKYF37に挿入しているmicroSDカードに電話帳データを保存したいのですが、

直接保存することができないようですので、こちらの

「メール添付」

にて電話帳データを送信し、保存することにします。

スポンサーリンク

電話帳データのバックアップ手順は?

KYF37で電話帳データをバックアップする手順を紹介します。

  1. KYF37で電話帳を開きます。 
  2. メニューを開き「送信」を選びます。

  3. 「メール添付」を選びます。

     

  4. 「選択添付」を選びます。

  5. どの電話帳データを送信するか選びます。
    全部をバックアップしたい時は、右下の「全選択」を選びます。
  6. 選び終わったら、「送信」を選びます。
  7. 送信先のメールアドレスを入力します。
    (自分のGメールアドレスへと送信します)

これで、自分のGメールあてに電話帳のバックアップデータが送信されました。

あとはGメールを開き、パソコンで添付ファイルを保存することもできますし、KYF37のブラウザでGメールを開いて添付ファイルをダウンロードしても良いと思います(2度手間ですが!)

 

この方法で取り出した電話帳のバックアップデータは、無事KYF37で復元することもできましたし!

なんと!

スマートフォンで受診し、この添付ファイルを開きますと!!

そのままスマホの電話帳に登録するか聞かれました!!!

「はい」とするとほとんどのデータがスマホの連絡先に復元されましたよ!

スポンサーリンク

GRATINA KYF37の電話帳バックアップのまとめ

電話帳を直接、KYF37に挿入しているmicroSDカードにバックアップすることはできませんでした!

しかし!

「送信」を使うことによって、電話帳のバックアップデータを作成して、任意のところへとEメールに添付して送ることができることがわかりました!!!

2度手間、3度手間になりますがこの方法が確実のようですね。

 

  1. KYF37のEメールに添付して、Gメールのアドレスに送る。
  2. Gメールの添付ファイルを任意の場所に保存する。

という手順で電話帳をバックアップするしかないようですね!

 

 
自宅でWi-Fi運用するならだんぜん♫

がおすすめ!!

↓↓↓
新生活をおトクに♪
最大115,000円キャッシュバック実施中!
【auひかり】



工事を待つのがイヤ!
直ぐにWi-Fiを使いたい!
そんな方にピッタリなのが
↓↓↓
設置工事不要!電源のみ!
データ容量制限なし!
【SoftBank Air】


コメント

error: Content is protected !!