アフィリエイト広告を使用しています。
PR

携帯電話でのQRコードの読み取り方:機種によって微妙に操作方法が違います。

話題
Wilfried PohnkeによるPixabayからの画像
記事内にアフィリエイト広告が含まれています。
スポンサーリンク

今や、日常生活でQRコードを目にすることが増えてきました。

お店やイベントでの情報提供、支払いの際の手続きなど、さまざまな場面での利用が増えています。

では、具体的に携帯電話でQRコードをどのように読み取るのか、その方法と私の感想を共有します。

 

基本的なQRコードの読み取り方法

QRコードを手軽に読み取る最も一般的な方法について解説します。これを知っていれば、多くの場面でスムーズにQRコードを利用できます。

カメラアプリを使用する方法

最もシンプルで一般的な方法は、標準のカメラアプリを使用することです。

ホーム画面から「カメラ」アプリをタッチします。次に、カメラの画面でQRコードを映します。瞬時に読み取りが開始され、成功すると「QRコード読み取り成功」と表示されます。私の経験上、この方法は非常に迅速で効果的です。

他の一般的な読み取り方法

AndroidやiPhoneにはそれぞれ専用の方法があり、その中で私が特にオススメする方法を紹介します。

Androidの場合、特定のアプリを起動し、「カメラで検索」を選択することで、簡単にQRコードを読み取ることができます。iPhoneの場合、LINEアプリを利用する方法が一般的です。これらの方法は特定のアプリが必要ですが、非常に便利です。

画像内のQRコードを読み取る方法

画像に保存されたQRコードも読み取りたい場合があります。ここでは、その方法と私の感想をシェアします。

Androidでの方法

Androidでは、カメラロール内のスクリーンショットやダウンロード画像からQRコードを読み取ることが可能です。

「その他」から「画像内のQRコードを読み取る」を選択し、読み取りたいQRコードの画像をタッチします。この時、QRコードがきちんと画面内に収まるように注意し、OKをタッチします。この方法は、外出先で保存したQRコードを後から読み取る場面などで非常に役立ちます。

iPhoneでの方法

iPhoneでは、スクリーンショットからの直接の読み取りは少し工夫が必要です。

設定アプリを開き、【一般 → 言語と地域】へ進むことで、画面内にQRコードを表示する設定をオンにすることができます。そして、写真アプリ内のQRコード画像を長押しすることで、関連するURLを開くことができます。私はこの方法を使うことで、以前に撮影したQRコードも手軽に読み取ることができました。

最後に、QRコードの読み取りは携帯電話の便利な機能の一つです。正しい方法を知っていれば、さまざまな情報を瞬時に手に入れることができます。私の共有した経験が、あなたのQRコードの読み取りの参考になれば幸いです。

AndroidでのQRコードの読み取り方

Androidユーザーの皆さん、独自の方法でQRコードを読み取ることができます。私も実際に試してみて、非常に便利だと感じました。

カメラで検索機能を利用する方法

Androidの多くのモデルには、カメラアプリに統合された「カメラで検索」機能が搭載されています。

アプリを起動し、「カメラで検索」を選択します。すると、撮影画面が開き、QRコードをかざすだけでその内容が表示され、URLにすぐに移動できます。

画像内のQRコードを読み取る方法

もし、以前に撮影やダウンロードした画像の中にQRコードが含まれている場合、それを読み取ることも可能です。

「その他」から「画像内のQRコードを読み取る」を選択します。読み取りたいQRコードの画像をタッチし、枠内に収めると、関連する内容やURLが表示されます。私はこれを使用して、以前のイベントやキャンペーンのQRコードを後から読み取ることができました。

専用のQRコードリーダーアプリを利用する方法

Google Playストアには、数多くの専用のQRコードリーダーアプリが存在します。

これらのアプリは、特定の機能やデザインに特化しており、ユーザーの好みやニーズに合わせて選べるのが魅力です。私は数つのアプリを試してみましたが、読み取り速度や使いやすさで気に入ったものを日常的に使用しています。

総じて、AndroidでのQRコード読み取りは非常に簡単で、様々な方法が存在します。最適な方法を見つけて、情報を手軽に取得しましょう。

iPhoneでのQRコードの読み取り方

iPhoneをお使いの方も、簡単にQRコードを読み取る方法があります。私が試した中で特に便利だと感じた方法を以下に紹介します。

LINEアプリを使用する方法

1. LINEアプリを開き、「ホーム」からQRコードリーダーのアイコンをタップします。

2. QRコードが正しく読み取られると、通知が表示されます。

この方法のメリットは、LINEアプリ内でQRコードに関連する情報やサービスを利用できることです。例えば、クーポンやキャンペーンの参加、友だち追加などができます。

デメリットは、LINEアプリがインストールされていない場合や、QRコードがLINE以外のサービスと連携している場合は使えないことです。

設定からのQRコード表示方法

1. 設定アプリを開き、「一般」→「言語と地域」へ進みます。

2. 『テキスト認識表示』をオンにすると、写真アプリ内のQRコードのURLをブラウザで開いたりコピーできます。

この方法のメリットは、写真アプリに保存されたQRコードを後から読み取ることができることです。例えば、チケットや予約確認などのQRコードをスクリーンショットしておけば、必要な時にすぐに見ることができます。

デメリットは、テキスト認識表示機能がiOS 15以降でしか使えないことや、写真アプリ以外の場所でQRコードを読み取ることができないことです。

スクリーンショットからのQRコード読み取り

スクリーンショットからのQRコード読み取りも多くの人が試みる方法の一つです。私も試してみて、一部制約はあるものの、十分実用的だと感じました。

Androidでの読み取り方法

Androidでは、スクリーンショットやダウンロード画像をカメラロールに保存して、QRコードを読み取ることができます。

 

まず、読み取りたいQRコードが含まれる画像をスクリーンショットやダウンロードで保存します。

次に、カメラアプリを開いて、画面右上のGoogleレンズアイコンをタップします。

画面下部に表示される画像アイコンをタップして、保存した画像を選択します。

画像にQRコードが認識されると、その内容が表示されます。URLならタップしてブラウザで開くことができます。

iPhoneでの読み取り制約

残念ながら、iPhoneではスクリーンショットからの読み取りオプションは提供されていません。サードパーティのアプリやウェブサイトを利用する必要があります。

 

アプリストアで「QRコード」と検索すると、様々なアプリが見つかります。その中から好きなものをインストールしてください。

アプリを開いて、写真ギャラリーなどのオプションを選択します。

保存した画像を選択すると、QRコードが読み取られてその内容が表示されます。URLならタップしてブラウザで開くことができます。

ウェブサイトを利用する場合は、https://webqr.com/などのサイトにアクセスしてください。画像をアップロードすると、QRコードが読み取られます。

まとめ

QRコードの読み取りは、日常的に行われるアクションの一つとなりつつあります。正確な方法を知っておくことで、様々な場面でスムーズに情報を取得することができるようになります。私も実際にいくつかの方法を試してみましたが、それぞれの方法にメリットがありました。

多様な選択肢

現在、市場には様々なQRコードリーダーが存在します。それぞれのアプリや機能には、独自の特長やメリットがあります。

例えば、一部のアプリは読み取り速度が速いことを売りにしており、他のアプリは使いやすいインターフェイスや追加機能を提供しています。

自分のスタイルを見つける

私が試してみた中で、最も使いやすかったのはシンプルなインターフェイスのアプリでした。

しかし、それぞれの人に合った最適な方法があるため、いくつか試して自分のスタイルを見つけることをおすすめします。自分に合った方法を見つけることで、よりスムーズに情報を取得することができます。

QRコードの普及

QRコードの読み取りは、今後もさらに普及することが予想されます。

そのため、早めに正確な読み取り方法を学ぶことで、日常生活での情報取得を効率的に行うことができるでしょう。

最後に、技術の進化とともに新しい方法やアプリが登場するかもしれません。常に最新の情報をチェックし、最適な方法を探求し続けることが大切です。

 

コメント

error:Content is protected !!