ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapanesePortugueseRussianSpanish

ガラケー au 機種変更時の注意事項。基本料金が高くなりますよ!

ガラケー
https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/lineup/kyf39/

ガラケーをこよなく愛する皆さん、こんにちは。

KYF37を利用中ですが、最近電池持ちが壊滅的になってきたのと、純正バッテリーが意外とお高いのでこの際KYF39に機種変更をしようと調べていました。

そうしたら、落とし穴を発見しましたのでご紹介です。

なんと!基本料金が高くなってしまうのです!

驚きました。

解決策も含めてご紹介しますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本使用料が高くなる!?

機種変更をしようとすると、なんと現行の料金プランへ変更しないといけないようなんですよ!

私は以前のプランを使用していて特に不満はなかったので、そのまま気にせずにいたら・・・現行の料金プランがすっかり変わっていてびっくりです。

auで正規の機種変更を行うと、料金プランも一緒に現行のプランへと変更しないといけないようなんですよ。

そうしますと数100円ですが、高くなります。

これは困りましたね~

私の料金プラン

私の当時一番お得なプランと考えて契約したのがこちら

スーパーカケホ
24時間国内通話がかけ放題(1回5分以内)
1,700円/月(2年契約加入時)
※2019年8月31日をもって、新規受付を終了致しました。ダブル定額Z
月額基本料金0円
パケットの使用量に応じて料金が変わります。(上限4,200円)

※2019年12月25日をもって、新規受付を終了致しました。

 

ということで、どちらのプランもすでに終了したプランでした。

家族割りなどの割引などが付いて月の支払いが約1,800円ほどです。
(ケータイパケットを使用しないようにWi-Fi運用でモバイルデータはオフにしています。)

スポンサーリンク

新料金プラン

auのガラケー用新料金プランはというと、

ケータイシンプルプラン

基本料金で1,200円/月

データ容量は、100MB

通話かけ放題はオプションとなっていて、

  • 通話定額ライト2
    1回5分以内の通話が24時間かけ放題
    +800円/月
  • 通話定額2
    国内通話が24時間かけ放題
    +1,800円/月

のどちらかを選べます。

 

私の現状の5分間かけ放題を付けると、

1,200円 + 800円 = 2,000円

となり、200円ほど高くなってしまいます。

 

ケータイカケホプラン

国内通話が24時間かけ放題になるプランです。

データ容量も1GBあります。

それで、2,980円/月(2年契約N)です。

ガラケーでは十分なデータ容量に思われますが・・・
実はゴニョゴニョするとガラケーKYF39でも「AbemaTV」アプリが使えます。
画面は小さくとも動画のデータサイズは変わりないので・・・1GBはあっという間に使えてしまいますよ!

そこは自宅等でWi-Fi運用すれば問題ないのですが(笑)

ですが、月2,980円と私の現状のプランよりも1,000円ほど高くなってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

VKプランS

無料通話付きのプランで、こちらはSサイズですね。

月額998円(2年契約N)という格安料金で、無料通話1,100円分(最大約27分間分)が付いてくるというプランです。

あまり通話をしない。
こちらから電話をかけることがなく、受け専用か、ほとんどメールで済ませる人様ですね。

データ容量は0で、オプションの「ダブル定額(ケータイ)」に加入が必要です。

ダブル定額(ケータイ)は、月額500円~で、パケット使用量に応じて金額が上がり、上限は4,200円となります。

このほかにインターネット接続サービスLTE NETが月額300円で加入が必要になります。

 

総額で、1,798円~5,498円となり、無料通話分を超えての通話料がこれにプラスしてかかります。

私はモバイルネットワークをオフにしているので、最低金額の1,798円プラス無料通話分を超えた分の通話料とSMS代でおさまりますので、現状とほぼ同じ料金になりそうです。

ですが1回5分間とはいえ、24時間何度でも無料で通話できる方が良いので難しいところですね。

 

VKプランM(N)

こちらは上記のVKプランSの無料通話分が多くなっているプランです。

月額1,620円(2年契約N)で無料通話が2,600円分(最大65分間分)が付いてくるお得な料金プランです。

 

しかし、この料金のほかに「LTE NET」代やデータ用の「ダブル定額(ケータイ)」代が足されるので、総額2,420円~6,120円となります。

 

う~~ん、やっぱり料金が高くなりますね。

やっぱり現状維持かな。

 

スポンサーリンク

料金プランを変えずに済む方法!

というわけで、現行プランですと、数100円から1,000円ほど基本料金が上がってしまうことがわかりました。

そこでどうにか料金プランを変えずに済む方法はないかと考えたところ・・・

「白ロム」

を買えば良いということになりました!

 

「白ロム」とは、簡単に言うと中古ですね。

SIMロック解除されている、届いたら自分のSIMカードを刺せば使えるようになっている中古品です。

 

万代書店やGEOなどの実店舗でも扱いがありますし、手軽なのはネット通販やYahooオークションなどでしょうか。

Yahooオークションでは実店舗を持っている中古屋さんも出店しているので安心できますよ。

今回は、私はYahooオークションでKYF39の中古品を購入しました。

https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/lineup/kyf39/

中古購入の場合は色が得れべないことが難点ですね。
人気機種ですと、出品数も多いのですが、ガラケーはねぇ?

ですので妥協が必要です(笑)

Pontaポイントも3,000円分ほどありましたので、実質3,500円ほどで中古のKYF39が購入できました。

商品が届いたら、SIMカードを差し替えればすぐ使えます!

簡単ですよ。

スポンサーリンク

まとめ

まさか、ガラケーの料金プランが変更になっているとは思いませんでした。

というか、機種変更の時に料金プランを現行のプランに変えないといけないとは思いませんでしたよ!

 

現在auでは、機種変更でも最大で22,000円を機種代から割り引くキャンペーンもあるようですが、そちらを利用すると新料金プランへの変更が必要になります。

難しいところですよね。

私は料金プランを変更したくなかったので、中古品を探しました。

皆さんはどうしますか?

コメント

error: Content is protected !!