アフィリエイト広告を使用しています。
PR
スポンサーリンク

携帯電話が発信できるけど着信できない理由と対処法

話題
Wilfried PohnkeによるPixabayからの画像
記事内にアフィリエイト広告が含まれています。

はじめに

携帯電話が発信できるのに着信できないという問題に直面したことはありますか?この記事では、その原因と対処法について詳しく解説します。

問題の原因

携帯電話が発信できるのに着信できないという現象は、意外と多くの人が経験しています。その原因は、主に以下の3つに分けられます。

1. 携帯電話の設定が不適切である場合。例えば、着信拒否や通話制限、マナーモードや飛行機モードなどが有効になっていると、着信ができません。

2. 携帯電話の故障や不具合である場合。例えば、バッテリーの消耗や電源の切れ、アンテナの破損や基板の故障などが原因で、着信ができなくなることがあります。

3. 通信環境が悪い場合。例えば、電波の弱い場所や混雑したエリア、建物や障害物による遮蔽などが影響して、着信ができないことがあります。

対処法の紹介

この問題を解決するための一般的な対処法をいくつか紹介します。

1. 携帯電話の設定を確認する。着信拒否や通話制限、マナーモードや飛行機モードなどが有効になっていないかをチェックし、必要に応じて解除します。

2. 携帯電話を再起動する。バッテリーを抜いたり、電源ボタンを長押ししたりして、携帯電話を再起動します。これにより、一時的な不具合やメモリの解放が行われます。

3. 携帯電話を修理する。携帯電話に物理的なダメージがある場合や、再起動しても改善しない場合は、修理サービスに依頼します。保証期間内であれば無料で修理してもらえる場合もあります。

4. 通信環境を改善する。通信環境が悪い場合は、携帯電話の位置を変えたり、窓際や高い場所に移動したりしてみましょう。また、Wi-FiやBluetoothなどの無線機器をオフにすることも効果的です。

着信できない原因

携帯電話が着信できない原因はいくつか考えられます。ここでは、その中でも特に一般的なものを取り上げます。

電話転送や留守番電話サービスの設定

電話転送や留守番電話サービスの設定がオンになっている場合、着信ができないことがあります。

これは、着信した相手の声を自動的に別の番号やメッセージボックスに転送する機能です。

この設定をオフにするには、携帯電話のメニューから「電話設定」や「通話設定」などの項目を選び、「電話転送」や「留守番電話」などのサービスを無効にします。

着信拒否設定

着信拒否設定が有効になっている場合も、着信ができない原因となります。

これは、特定の番号や非通知からの着信を拒否する機能です。

この設定をオフにするには、携帯電話のメニューから「電話設定」や「通話設定」などの項目を選び、「着信拒否」や「着信制限」などのサービスを無効にします。

SIMカードの読み込み不良

SIMカードの読み込み不良も、着信できない一因となります。

これは、SIMカードが携帯電話に正しく挿入されていないか、汚れているか、破損している場合に起こります。

この場合は、SIMカードを一度取り出して、金属部分を柔らかい布で拭きます。また、SIMカードがしっかりと差し込まれているか確認します。

電話会社の回線異常

電話会社の回線に異常がある場合も、着信ができない可能性があります。

これは、天候や災害などの影響で、電波が届かなくなったり、通信量が増えすぎたりする場合に起こります。

この場合は、電話会社のホームページやお客様センターで回線状況を確認します。また、時間をおいて再度試してみると良いでしょう。

対処法

次に、上記の問題を解決するための具体的な対処法を紹介します。

3.1 電話の転送設定を確認する

まず最初に、電話の転送設定を確認しましょう。

電話の転送設定とは、自分の電話番号にかかってきた電話を別の電話番号に自動的に転送する機能です。

この機能が有効になっていると、自分の電話が鳴らないまま別の電話に転送されてしまいます。

電話の転送設定は、スマートフォンの設定画面や電話アプリから変更できます。

詳しい操作方法は、お使いのスマートフォンや電話会社のサポートページを参照してください。

3.2 スマートフォンを再起動する

スマートフォンを再起動することで、問題が解決することもあります。

スマートフォンは、長時間使っているとメモリやキャッシュが溜まり、動作が不安定になることがあります。

その場合、スマートフォンを一度完全にシャットダウンしてから再起動することで、メモリやキャッシュをクリアし、動作を正常化させることができます。

スマートフォンの再起動方法は、お使いの機種によって異なりますが、一般的には電源ボタンを長押ししてメニューから選択するか、電源ボタンと音量ボタンを同時に押すことで行えます。

再起動後に電話が鳴るかどうか確認してください。

3.3 SIMカードを抜き差しする

SIMカードの読み込み不良が原因の場合、SIMカードを抜き差しすることで問題が解決することがあります。

SIMカードとは、スマートフォンや携帯電話に挿入する小さなカードで、電話番号や契約情報などが記録されています。

SIMカードが正しく読み込まれていないと、電話やインターネットなどの通信サービスが利用できなくなります。

SIMカードを抜き差しするには、スマートフォンの背面や側面にあるSIMカードトレイを専用のピンや針などで開けて、SIMカードを取り出してから再度挿入します。

SIMカードトレイの位置や開け方は、お使いの機種によって異なりますので、取扱説明書やサポートページを参照してください。

3.4 電話会社の回線に異常がないか確認する

電話会社の回線に異常があるかどうか確認しましょう。

電話会社の回線とは、スマートフォンや携帯電話から通信衛星や基地局などを経由して相手の電話につながるネットワークのことです。

電話会社の回線に異常があると、電話がつながらなかったり、切れたり、音声が途切れたりすることがあります。

電話会社の回線に異常がないかどうかは、電話会社の公式サイトやアプリ、Twitterなどで確認できます。

もし回線に異常がある場合は、電話会社の指示に従って対応してください。


まとめ

携帯電話が発信できるのに着信できないという問題は、いくつかの原因が考えられます。この記事では、その原因と対処法について詳しく解説しました。これらの対処法を試してみて、問題が解決することを願っています。

原因1:電波状況が悪い

電波状況が悪いと、携帯電話の通信がうまくいかなくなります。特に、建物や山などの障害物が多い場所や、人口密度が高い場所では、電波の混線や遮断が起こりやすくなります。

 

この場合の対処法は、電波状況が良くなる場所に移動することです。窓際や屋外に出ると、電波の受信が改善される可能性があります。また、携帯電話の電源を一度切って再起動することで、電波の再探索を促すこともできます。

原因2:SIMカードの不具合

SIMカードは、携帯電話の番号や契約情報を記録している小さなチップです。SIMカードに何らかの不具合があると、携帯電話の通信が正常に行われなくなります。

 

この場合の対処法は、SIMカードを一度取り出して再挿入することです。SIMカードの接触不良や汚れを解消することで、通信が回復する可能性があります。また、SIMカードに傷やひびが入っている場合は、交換する必要があります。

原因3:端末設定の誤り

端末設定によっても、携帯電話の着信ができなくなることがあります。例えば、着信拒否や通話制限などの機能を有効にしている場合や、飛行機モードやマナーモードなどのモードに切り替えている場合などです。

 

この場合の対処法は、端末設定を確認して修正することです。着信拒否や通話制限などの機能を無効にしたり、飛行機モードやマナーモードなどのモードを解除したりすることで、着信が可能になる可能性があります。

原因4:キャリア側の障害

キャリア側に何らかの障害が発生していると、携帯電話の通信が正常に行われなくなります。例えば、基地局や回線などの設備に故障やメンテナンスがある場合や、災害や事故などで通信環境が悪化している場合などです。

 

この場合の対処法は、キャリア側からの情報を確認することです。キャリア側から障害情報や復旧予定時間などが発表されている場合は、それに従って対応することが必要です。また、キャリア側からの情報がない場合は、問い合わせることもできます。

コメント

error:Content is protected !!